日本一有名なピンクのドアを通ると…

今さら作品展の第2弾!

 

このクラスは地元の川崎をイメージした部屋作り。

藤子・F・不二雄ミュージアムをイメージした日本一有名なピンクのドアを通ると、そこはフロンターレが戦う等々力競技場!といった感じ。

 

作品を作る前には、そのテーマを念入りに調査。

地元、地域のことを知る機会にもなりました。