ブログ

ド根性

若竹幼稚園の園庭では時々、ビックリするようなド根性植物が見つかります。

 

何度踏みつけられても立派に育つ野菜。

石の間から芽を出すアサガオ。

季節外れの真冬に咲く向日葵。

 

そんな中、また1つ新たなド根性が!

人工芝と塀の隙間からサルスベリが出てきて、花まで咲かせています。

 

人工芝の下はアスファルト、その下は砂、その下は砕石、その下がやっと土。

ド根性にも程がある。

 

なんですが、そろそろ人工芝と塀が危険。

5月23日、カットしました。

 

次のド根性、待っています。


何でも屋

昨日、今日と雨、新緑をより瑞々しく。

 

春は新緑とともに、初夏へ向けての充実の時。

園庭の木々も実をつけ、日に日に大きく。

 

ビワ。

食用、薬用、果樹酒、木材、そして毒。

何でもできちゃう凄い植物。

 

子どもたちも、何でもできる日々が送れるように。

今はつながりを維持しつつ、しっかりと準備しています。

 

でも、今は毒を持ってほしくない…。


季節は進み

2月の中旬から春!春!と言い続けていますが、季節は進んでいるようです。

 

梅雨の象徴、アジサイ。

 

春から梅雨、そして夏へ。

 

暑い、熱い夏へ。

こんな時だからこそ、熱い夏へするための準備を!


眩しい季節

春。

新緑の芽吹きが眩しい季節を迎えています。

 

園庭にはスナップエンドウ!?

いやいや、これはミモザの実、そして種。

 

園庭の木々は今、花から実へ、充実の時です。

 

子どもたちも、充実した日々が送れるように。

今はつながりを維持しつつ、しっかりと準備しています。


芽吹き

季節は春。

新緑の芽吹きとともに、木の実が日に日に膨らんでくる時期。

 

プラムも花から実へ。

園庭の木々は今、充実の時です。

 

子どもたちも、充実した日々が送れるように。

今はつながりを維持しつつ、しっかりと準備しています。