ブログ

2019年度 卒園式

本日3月17日、若竹幼稚園の卒園式を行いました。
 
2部制にしたこと、参加者を減らしたこと、時間を短縮したこと。
子どもたち、保護者の方たちに申し訳ないと思いながらも、幼稚園でできることは全てやりました。
 
卒園児148人、1人のお休みもなく全員が参加、奇跡。
こんな時だからこそ、最高に明るいニュースを!

一斉開花

こんな時だからこそ明るいニュースを!

 

若竹幼稚園の園庭には、次々と春の知らせが届いています。

 

幼稚園の園庭にはプラムの木が3本。

なんと1日のズレもなく、一斉に開花しました。

 

春が来た!


幸せを運ぶ

春が来た!

 

梅、ミモザ、桜の次はてんとう虫!

てんとう虫は春を運ぶ虫であると同時に、幸せを運ぶ虫でもあります。

 

さあ、てんとう虫が運んできた幸せにのって、こんな時だからこそ、明るいニュースを!


キカンシャの帰還

こんな時だからこそ、明るいニュースを!

 

しばらくリニューアル作業に出ていた木製の大型遊具(汽車)が帰ってきました。

 

搬入が土曜日の朝。

預かり保育の子どもたちと園舎内から見学。

クレーンで汽車が持ち上がると「おーっ!」との声も。

 

子どもたちは新しいものが大好き。

この後、1番乗りで存分に遊びました。


春が来た!2020

こんな時だからこそ、明るいニュースを!

 

若竹幼稚園の園庭にはソメイヨシノはありません。

そのかわり、カラミザクラというサクランボをつける桜があります。

そのカラミザクラが開花しました!

 

春が来た!

 

春とともに、明るい日々が訪れますように。

 

とは言っても、子どもたちは元気です!